看護師ハロワ的Entertainment

―――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――

看護師ハロワ的Entertainment

看護師ハロワ的なEntertainmentでどうかと思いきや・・
トップページ > 看護師の仕事を続けていく際に給料が気になる

―――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――

ページの先頭へ

看護師の仕事を続けていく際に給料が気になる

看護師の仕事を続けていく際に、看護師の給与について考えることは多分あると思います。この先、自分がどれぐらい給料をもらうことが出来るのかは気になるところでしょう。

全国でのナース転職年収は平均して437万円くらいです。
ただ、国立や県立、市立等公立の看護師と建物施設勤務の場合は、公務員勤務のため、年収は平均すると、593万円ほどになります。
公務員看護師は給与の上がる割合も民間治療する施設より高くて、福利厚生の点でも充実しているのです。

一方、準ナース転職の場合だと、看護師に比べて、平均年収が70万円程度低くなります。高校進学時点で衛生看護科に入学すると、国家試験の受験資格を他の方法よりも早く手に入れられるため、一番早く、看護師業務の資格を得ることができるでしょう。

看護師の給料に限ったわけではありませんが、面接で給料の額を確認する際には、それが税込み(総支給額)の額なのか、あるいは税抜き(手取り)の額なのかはきちんと確認をしておきましょう。税込み額からは、通常、所属税などの税金のほか保険料などが控除されます。この額は結構無視できなくて、5万?8万ぐらい取られますからね。


さて、話を元に戻しますと、途中でナース転職になりたいという気持ちがなくなっても変更は困難です。
それに、最低で5年あれば試験を受けることができますが、準備期間が足りないために勉強したり、実習をこなす量が少なくて簡単には試験に合格できないという面もあるようです。実際、ナース転職が転職する理由は、人間関係のこじれという人がかなりの数います。
女の人が多くいる仕事ですし、ストレスが多くあることもあって、人間関係が難しいと感じる人が少なくないでしょう。その中には、パワハラ・いじめが転職する要因となる人もいます。

ひどい環境を我慢して働くと、健康を害してしまいますので、早いうちに転職した方が吉です。ナース転職の職場の希望には様々なものがあります。転職したいと思っているナース転職が医療と看護として選ぶものに治療する施設があります。といっても切り口によって様々な種類がありますが、いずれも他の転職先に対して高い人気を誇っています。現代は高齢化が進んで、ナース転職は福祉施設でも需要が多くなってきているのです。それだけでなく、大きな会社になると看護師は医務室にもいて、健康に関する相談や健康診断、ストレスといった精神面でのケアをとり行っています。このような事例の場合は、その企業の社員として入社するといったこともあることでしょう。

看護スタッフが別な勤務先にエントリーするにあたって、苦慮するのが応募理由です。どういう理由でその勤務先を希望しているのかを好ましいイメージを持たせるように伝えるのはそう単純なものではありません。看護職収入アップ、休日が増える等の待遇面の特長に焦点を当てるのに比べ、看護職員の専門性をブラッシュアップしたい等の、やりがいを求めているような応募理由のほうがパスしやすくなるでしょう。
ナース転職になれば本人が望めば看護師として働き続けることができます。
「手に職」の仕事だから、あるいは、ずっとやりがい重視で仕事を決めたいという気持ちで看護師をめざした人も多いでしょう。

残念ながら現実と理想とのズレで悩むことも当然あり得ます。

ナース転職の資格を取るには、何通りかのコースがあるのです。看護師免許を取得するには、国家試験受験の必要があるのですが、いきなりは試験を受けさせてもらえません。受験資格を手にするために看護専門学校(3年間)、看護系の短大(3年間)、看護系の大学のいずれかに通い、看護に関して勉強する必要があるのです。
看護師業務が転職する時のポイントは、次の職場を探しておいてからやめるようにした方が良いでしょう。
そして、3ヶ月は使って細心の注意を払って新たな職場を探しましょう。
気持ちが焦った状態で次の職場へ行ってしまうと、再びやめることになる場合もあるので、自分の希望する条件に適した仕事をじっくりと見つけましょう。そのためには、自分の希望を分かりやすくしておくことが必要ですね。


看護師が転職を考える時に、違った職種に転職を考える人も少なくないです。


けれど、大変な思いをして取れた看護師の資格なのですから、利用しないのは損です。三方一両損などとごまかしている場合ではありません。一生懸命にナース転職資格を得たのですから、その資格が有効に活用できる仕事を選んだほうが良いでしょう。
全く異なる職種だとしても、ナース転職の資格が良い方向に働く医療と看護は少なくありません。

関連記事

看護師ハロワ的Entertainment

―――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――

看護師ハロワ的Entertainment

看護師ハロワ的Entertainment

Copyright (c) 2014 看護師ハロワ的Entertainment All rights reserved.